皮膚科学分野からのメッセージ

HOME > 入局のご案内 > 皮膚科学分野からのメッセージ > 見学のご案内

メッセージ

 現在の医学は大変な勢いで進歩を続けています。たとえば、アトピー性皮膚炎に対して診断・治療では患者さんが満足される診療を提供できています。それでは、もうすでにすべての疾患で、発症の原因がわかり、最速の診断法が樹立され、最適な治癒できうる治療法が確立しているでしょうか。
 答えはNoです。アトピー性皮膚炎においても、ある割合の患者さんは皮膚バリアーを構成するタンパクが減少することが発症の背景にあることが明らかにされ、治療法として炎症を抑えるステロイド外用剤などで症状を抑えることができますが、すべての方の発症原因を明らかにすることや、治癒を目指せる治療法までには至っていません。
 私たち医学に携わるものの使命は、現在考えうる最良の診療を行うことに加え、さらに医学を進歩させるように努力することです。

 新潟大皮膚科はその目標に向かうべき、general medicine の中で通用する高い臨床能力を有する皮膚科医の養成と、探究的皮膚科学を目指す人材育成に主眼を置いています。また新潟大皮膚科は多くの関連施設があり、豊富な関連病院の優秀な指導医の下で、皮膚科専門医として十分な技量を養う研修を行うことができます。個人の生活設計や将来計画に合わせ、皮膚外科、大学院進学など個々の希望に沿う研修も用意しています。
  研修の過程での学会発表も積極的に国内の学会のみならず海外の学会で行っています。また論文も研修医の時から熱く指導を受け、研修医は皆、英語の症例報告の論文を執筆しています。

 新潟大学皮膚科は、長年毛髪に対する基礎研究を行い、多くの成果を発表し続けています。毛髪研究の中心であった下村裕先生(当時准教授)はその業績を高く評価され、平成29年度1月に山口大学皮膚科教授として栄転されました。加えて、重症薬疹、接触性皮膚炎、遺伝性皮膚疾患、皮膚悪性腫瘍などの多彩な基礎研究も行っています。皮膚科は様々な疾患があり、まだまだ解決すべき問題が山積しています。それぞれの教室員が自らの探求心に従い、それぞれ難題解決に挑戦しています。

  新潟大皮膚科は、やる気に満ちた若い先生へのサポートを惜しみません。あなたの理想の医師像に近づくよう一歩ずつ一緒に進みながら、医学の明るい未来を語り合えることを楽しみにしています。

皮膚科学分野 教授 阿部 理一郎

後期研修医からのメッセージ

勝見達也

 新潟大学医歯学総合病院皮膚科2年目の勝見達也です。私はもともと新潟市出身ではありましたが、新潟大学の出身ではありませんでした。初期研修を新潟大学病院で行い、その中で皮膚科をローテーションし、皮膚科特有の処置、検査等様々なことを経験させて頂き、医局の先生方にも熱心にご指導頂き、皮膚科に興味をもち入局しました。実際に入局してみて、皮膚科は腫瘍、膠原病、感染症、アレルギー等多岐にわたる分野を扱い、日々様々なことを学び、充実した日々を送っています。また、気軽に上の先生に相談でき、外勤先での症例等は写真で相談できるのも皮膚科ならではと思います。少しでも興味のある方は、気軽に見学に来てみて下さい。お待ちしています。

荻根沢真帆子

 後期研修医の荻根沢真帆子です。
 大学病院では、午前中は外来につき、基本的な問診や皮膚所見のとりかた、診断、治療について学び、専門的な疾患を多く経験できます。
 午後は病棟に行き、チームにわかれ、上級医とディスカッションしながら治療を行います。様々な知識を、丁寧にご指導頂けるため、とても勉強になります。チームは、一般班、腫瘍班に分かれ、それぞれをローテーションできるので、症例は多彩です。もちろん、手術もすぐに経験できます。
 また、当医局は、毎週組織検討会があります。入局当初は、わからないことが多くある皮膚病理も、検討会で知識を深めることができます。
 文面では伝えきれないところがありますので、是非見学にきてみてください。
 お待ちしております。

中嶋万実

 新潟にきてから早くも1年半が経ちました。新潟は私にとって所縁もない土地でしたので来たばかりは不安でいっぱいでした。でも、新潟大学皮膚科は私と同じように他大学出身も多く、同期や先輩に恵まれ今は楽しく充実した毎日を送っています。皮膚科は腫瘍、アレルギー、膠原病や感染症などとても幅広い疾患を扱うので、まだ皮膚科にそんなに興味がない方でも学んでいくうちにきっと面白いと感じるようになると思います。なので、どんな理由であれ皮膚科に少しでも興味がある方!ぜひ、見学に来てみてください。
 あと、新潟はとにかくラーメンをはじめ美味しいものがたくさんあるので、見学に来た際にはぜひ新潟の食文化も触れて行ってくださいね。

佐藤亜美

 はじめまして。入局二年目の佐藤亜美と申します。学生時代から人間の全身を覆う皮膚という臓器に面白さを感じ、もっと皮膚について勉強したいと思い、入局を決めました。私は地域枠コースで入学したため、入局一年目から外病院で勤務しており、週に一回は別の病院で外来診療を行なっております。初診で来る外来患者さんの診断や治療で悩む事も多々ありますが、同輩や上司に相談できる環境も整っており、日々新しい学びがあります。皮膚から全身疾患の診断に繋がることもあり、他科とも関わる機会が多いです。また国内外での学会発表や論文作成などの機会も多く、学びたい人に様々なチャンスを与えてくれる医局だと思います。とても面白い分野なので、少しでも興味がある方はぜひ見学にいらしてください。お待ちしております。

佐々木仁

 入局してから早くも半年が経ちました。最初は右も左もわからず、カルテの使い方すらわからない状況でしたが、周りの方々に助けられ、何とかやってくることができました。山形出身なので、なかなか、地理もわかりませんでしたが、医局の優しい先生方に恵まれ、美味しいご飯にも連れて行っていただき、新潟を満喫しているところです。もちろん、仕事や勉学の方では入局してすぐ、オランダの学会へポスター発表に参加させていただき、また、論文や発表の指導も手厚く、積極的になればなるほど学びを多く得られる、素晴らしい環境で働くことができています。
 失敗や抜けてることが多い私ですが、見捨てることなく、指導してくださった先生方には頭が上がりません。新潟大学皮膚科に入局して実りの多い一年だったなと思っています。
 今後も日々、成長していけるように頑張っていきます。

 

石渡彩乃

 はじめまして。入局1年目の石渡彩乃と申します。
 私は今、魚沼基幹病院に勤務しております。週に1度、大学病院で外来、教授回診、病理検討会に参加し、勉強させていただいております。また、大学病院では月に1度、特別講演会が行われ、国内外の先生方の貴重なお話を伺うことができます。
 入局当初は、いきなり市中病院勤務で不安でしたが、温かく見守ってくださる上級医の先生方に日々助けて頂きながら、診療に取り組んでおります。とても恵まれた環境にいると思います。
皮 膚科の魅力は、自分の目で実際に見て診断・治療し、皮膚症状が改善したことを患者様と一緒に実感できるところだと思います。また、皮膚科はオンオフがはっきりしており、比較的プライベートな時間を確保しやすい科でもあります。
 皮膚科に興味がある方は、是非1度見学にいらしてください。医局員一同、お待ちしております。

 

女性医師の皆様へ

 わたしたちの教室では約3割が女性医師で、女性が大変活躍している職場です。女性と男性に待遇差はなく、医局員全員においてスペシャリティーを持つ皮膚科医を育てることを目指しています。一方で、女性は結婚、出産、育児などのライフイベントにより家庭と仕事の両立に悩む場面が多いことも事実です。わたしたちの教室では、それぞれの環境に配慮しつつも、家庭と仕事とを両立し、外来・病棟勤務、手術、研究、学会発表、論文執筆に従事できるよう、積極的に支援しています。女性医師が働き続けることができ、立派なキャリアアップやキャリア継続ができるよう、教室ぐるみでサポートしています。

PAGE TOP ▲